オリックス、ブランコ途中交代 ボール見逃しで股関節痛める

[ 2015年5月17日 13:59 ]

パ・リーグ オリックス―日本ハム

(5月17日 札幌D)
 オリックスのブランコが序盤に試合から退いた。「7番・指名打者」でスタメン出場したが、2回の第1打席、2ボール1ストライクから日本ハム先発の上沢が投じたボールとなるスライダーを見逃し。ストライクゾーンから外に逃げていくこの球に右打者のブランコは手が出かかったが、バットは止まった。

 この時に右足付け根を気にする素振りを見せたブランコはその後、四球を選んで一塁ベースに到達すると、治療のためトレーナーと共にベンチ裏へ。だが結局、そのまま試合に戻ることはなかった。

 右足股関節を痛め、病院へは行かずにアイシングで様子を見るというブランコの代わりには竹原が代走に送られた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年5月17日のニュース