二刀流の自己評価は「50%ぐらい」 大谷1億円到達にも満足せず

[ 2014年12月5日 14:52 ]

記者からの質問に笑顔で答える大谷

 高卒3年目での年俸1億円の大台到達を果たした日本ハムの大谷翔平投手(20)は1億円プレーヤーとしての自覚もにじませた。

 「球団からは優勝の戦力になってほしいと言われ、最大限の評価をしていただいた。9、10月の戦い方は印象に残っているし、ああいう戦い方をすれば、優勝できると思う。そのための戦力として貢献したい」

 「二刀流」2年目の今季は11勝、10本塁打を放ち、日本球界初の「2桁本塁打&2桁勝利」を達成したが、自己評価は「50%ぐらい。自分の目標を達成してので納得はしていない」と厳しい。足りなかった部分については「具体的には言いません」と明言しなかったが、早くも来季に向けて表情を引き締めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年12月5日のニュース