×

中島オリ入団会見「メジャーでだらだらしていても駄目だと思った」

[ 2014年12月5日 19:57 ]

オリックスのユニホームをまとい、笑顔でガッツポーズの中島

 オリックスは5日、アスレチックスからフリーエージェント(FA)となった中島裕之内野手(32)の獲得を発表し、同日夕方に入団記者会見を行った。

 3年契約で総額12億円。背番号は1に決まった。ほっともっとフィールド神戸で行われた会見で中島は「オリックスには優勝するために来た。少しでも力になれるように一生懸命やりたい」と抱負を述べた。

 日本に戻る決断をした理由については「メジャーでやりたいと思ったが、上で出るために1年どういう状況でやるか分からない。だらだらしていても駄目だと思った」と、メジャーへの未練を捨てた。

 古巣の西武や阪神でなくオリックスを選んだのは「パ・リーグでずっとやっていたので、ちょっとでも慣れているところがいい」と説明。小学校時代にバッテリーを組んでいた山崎捕手から「一緒にやろう」と誘われたのも大きかったという。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年12月5日のニュース