中日・大島「平行線」で2度目交渉も保留…年俸調停が現実味

[ 2014年12月5日 18:03 ]

2度目の契約を保留し会見する中日の大島

 中日の大島洋平外野手(29)が5日、名古屋市内で2度目の契約更改交渉に臨み、前回と同じ1775万円増の7400万円の提示を保留した。今回は前回は示していなかった希望額9000万円を球団側に伝えたが「今の段階ではそこまで上げることはできないということだった。平行線といえば平行線」と話した。

 先月22日に1度目の交渉で自身に提示額を伝えた落合GMが今回は臨席しなかったことには「それも言ったんですが、最終決定権があるのは(西山球団)代表だからという話だった」と渋い表情。年内に3度目の交渉が行われる予定だが、両者の歩み寄りが見られず、年俸調停が現実味を帯びてきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年12月5日のニュース