仙台育英・佐藤世 “激戦区”覇者・天理に12K完投

[ 2014年11月16日 05:30 ]

<仙台育英・天理>仙台育英・佐藤世は6安打1失点で完投勝利を飾る

第45回明治神宮野球大会第2日・高校の部準々決勝 仙台育英6―1天理

(11月15日 神宮)
 仙台育英はエース右腕の佐藤世が6安打1失点完投勝利。

 激戦区の近畿を制した天理相手に、球速と変化の異なる2種類のフォークを操り、大会記録にあと2個と迫る12三振を奪い「最初はマウンドが高くて上体で投げてしまったが、終わってみれば投げやすかった。フォークの落ち方はいい感じだった」と満足そうに振り返った。2年ぶりの頂点へ上々のスタートを切り、佐々木順一朗監督は「(佐藤世は)精神的に強くなった」とうなずいた。

 ▼天理・坂口(高校通算28本塁打の4番も佐藤世の前に3打数1安打1三振)完全な力負け。実力が足りなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月16日のニュース