ヤクドラ2風張 全国“晴れ舞台”も初回で降板 チームは継投で勝利

[ 2014年11月16日 05:30 ]

<東農大北海道オホーツク・京産大>東農大北海道オホーツク先発・風張は1回2安打無失点で降板

第45回明治神宮野球大会第2日・大学の部準々決勝 東農大北海道オホーツク3―0京産大

(11月15日 神宮)
 東農大北海道オホーツクは3投手による完封リレーで、神宮大会初勝利を挙げた。

 ヤクルトからドラフト2位指名を受けた風張は先発したが、1回2安打無失点で降板。「立ち上がりが悪かったら交代と言われていた。あとの2人がしっかり投げてくれたので、早めに継投してくれて良かった」と救援陣に感謝した。2番手で3回2/3を投げ6奪三振の井口は「全員でつなぐつもりだったので、準備はできていた。(初勝利は)知らなかった。うれしい」と振り返った。5回2死満塁のピンチからマウンドに上がった玉井は最後まで投げきった。

 ▼ヤクルト・衣笠剛球団社長兼オーナー代行(風張の投球を観戦し)球が力強い。もうちょっと見たかったけど。将来的には本人も先発を希望しているだろう。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年11月16日のニュース