由規3カ月ぶり実戦登板で148キロ!2回完璧5K「ホッとした」

[ 2014年11月16日 14:34 ]

四国社会人選抜との対外試合で2回無失点と好投したヤクルトの由規

 右肩手術からの復活を目指すヤクルトの由規が16日、四国社会人選抜との対外試合(坊っちゃんスタジアム)に先発した。2回を投げて無安打無失点、5三振を奪う快投を見せた。最速は148キロだった。

 由規は今年6月に約2年ぶりの実戦登板を果たしたが、8月に右肩の張りを訴え再び遠ざかっていた。今キャンプはここまで5度のブルペン入りするなど順調に段階を踏んできた。

 登板を終えた右腕は「緊張していました。ファームで投げているときとは違う雰囲気。今は正直ホッとしている」と安どの笑みを見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月16日のニュース