西武打線が日本ワースト…シーズン最多三振「1152」に

[ 2014年9月24日 08:01 ]

パ・リーグ 西武2-0オリックス

(9月23日 京セラD)
 西武打線は不名誉な記録を樹立した。9回に代打・森がマエストリに空振り三振に倒れ、この日チームで11三振。今季の三振数が1152となり、プロ野球記録を更新した。

 宮地打撃コーチは「下位打線に三振が多いのが悔しい。粘りのある、つなぎの打線を目指す」と渋い顔。田辺監督代行も「今シーズンの反省材料。来季に向けて課題として取り組んでいく」と指摘した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年9月24日のニュース