フィリーズ4投手でノーヒッター 複数投手では達成は球団初

[ 2014年9月3日 05:30 ]

フィリーズの先発ハメルズ(AP)

ナ・リーグ フィリーズ7―0ブレーブス

(9月1日 アトランタ)
 フィリーズは4投手の継投で無安打無得点試合を達成した。6月に達成したリンスカム(ジャイアンツ)に次ぐ今季4度目のノーヒットノーラン。先発のハメルズが6回を6四死球7三振で108球。無安打のままでの降板にも、ハメルズは「チームの勝利が大事。救援陣を信じていた」と納得の表情で振り返った。7回はディークマンが3人で退け、8回はジャイルズが圧巻の3者三振。9回を締めたパペルボンは「特に意識しなかった。先発が好投したので、抑えることだけを考えた」と話した。複数投手での達成は12年にマリナーズの6投手がドジャース戦で成し遂げて以来で、球団では初の快挙となった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月3日のニュース