松井氏 「ゼロで終わる」固辞も…本塁打競争で2発

[ 2014年5月26日 05:30 ]

<野球殿堂記念試合>記念試合で、久々のピンストライプ姿を披露した松井秀喜氏
Photo By スポニチ

野球殿堂記念試合 ア・リーグ4―4ナ・リーグ

(5月24日 クーパーズタウン)
 両軍の選手はクーパーズタウンをパレードして球場入り。試合前には本塁打競争が行われ、事前に「ゼロで終わるよ」と固辞していた松井氏も結局、出場した。

 1回戦で敗退したものの、通算318勝のナックルボーラー、フィル・ニークロ氏から6スイング中2発を放って面目躍如。ダブルデー・フィールドの狭い右中間にアーチをかけ「ギリギリに入れるのは慣れているんだよ」と冗談めかした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月26日のニュース