巨人痛っ 杉内打球直撃で途中交代 動けずおんぶされベンチへ

[ 2014年5月26日 20:06 ]

<巨・日>6回2死満塁 近藤の打球を足に受け投手強襲安打を浴びる杉内

交流戦 巨人4―3日本ハム

(5月26日 東京D)
 巨人・杉内俊哉投手(33)が日本ハム戦で打球を左太腿に受けて途中退場した。

 2点リードの6回、1点を返されなおも2死満塁の場面で近藤の放ったライナーが杉内の左太腿に直撃。杉内は前のめりに両膝を地面につけた状態で四つんばいになったまま動けず、関係者におんぶされてベンチに引っ込んだ。

 近藤の投手強襲打で同点とされたところで、このまま福田にマウンドを譲った。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月26日のニュース