原貢氏に届け!東海大 開幕11連勝で2季連続V

[ 2014年5月18日 05:30 ]

首都大学野球1回戦 東海大3―2帝京大

(5月17日 日体大健志台)
 東海大は帝京大に逆転勝ちし、開幕11連勝。3試合を残して2季連続66度目の優勝を決めた。

 今年からリーグが再編され、空き週なしの過密日程ながら、早朝練習をこなして打力を強化。横井人輝監督は「調整が難しかったが選手がよくやってくれた」と称えた。リーグ戦中の4日には顧問を務める原貢氏が心筋梗塞で緊急入院。闘病が続く顧問に向けて、指揮官は「優勝で少しは喜んでもらえるかな」と話し、2年ぶり35度目の出場となる全日本大学選手権(6月10日開幕、神宮ほか)での健闘を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月18日のニュース