巨人、ヤク来た!ドラフト候補駒大・江越 始動「最低でも3割」

[ 2014年1月9日 05:30 ]

新年の初練習を終え引き締まった表情の駒大・江越

 東都大学野球の駒大が、東京都世田谷区のグラウンドで始動した。今秋ドラフト候補の主砲・江越は巨人、ヤクルトのスカウトが見守る中で約3時間の練習。

 昨秋は自己ベストの打率・279をマークしたが「最低でも3割、打点も2桁を目指したい」と目標に掲げた。50メートル5秒8、遠投120メートルと高い潜在能力を誇る江越は「プロに行けるよう頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年1月9日のニュース