阪神ドラ5山本 “リタイア1号” 右膝に違和感

[ 2014年1月9日 10:54 ]

病院から寮に戻る山本

 阪神のドラフト5位・山本翔也投手(25=王子)が8日、右膝外側に違和感を訴え兵庫県内の病院で精密検査を受けていたことが分かった。

 対応した杉本一弘チーフトレーナーは「違和感があるということで病院へ行きました。念のために確認しておくということ。大きな問題ではありません」と軽症を強調した。

 事の発端は入寮してきた前日7日。山本本人からトレーナーサイドに、症状を申し出てきたという。この日は、他の新人5選手が鳴尾浜で自主トレを行ったが、山本は大事を取って見送った。

 9日からの新人合同自主トレについては「朝の状態を見て決めます」と同トレーナー。大事には至らないにせよ、別メニューでのスタートの可能性も出てきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月9日のニュース