FAの山崎 オリックス決定 鷹投手陣データ“持参”

[ 2013年11月30日 05:30 ]

福岡市内のホテルでオリックスと2度目の交渉を行った山崎

 ソフトバンクからFA宣言をしていた山崎勝己捕手(31)が29日、オリックス入りを表明した。

 福岡市内のホテルで2度目の交渉を行った山崎は「野球選手として勝負してみたい気持ちが大きかった。ホークスでいろいろ勉強させてもらったことを出せればいいと思ってます」と、常勝時代を経験したノウハウを新天地に注入することを誓った。

 オリックス側としても鷹投手陣のデータがインプットされている頭脳の獲得メリットは大きい。「経験豊富な捕手。言葉は悪いが、負け慣れしたチームにいいムードを吹き込んでくれることも期待している」。瀬戸山球団本部長もプレーヤーとしての戦力はもちろん、経験値の高さを評価していることを明かした。

 「それで勝てるというのなら伝えていきたい」

 山崎自身もソフトバンクのデータを積極的に活用する構えだ。オリックスは今季、若手の伊藤が正捕手として頭角を現したが「負けると思ったら移籍しない。ガッツリ勝負したい。(アピールポイントは)キャッチャーなので、出た試合を勝つこと。出場する試合に全部勝ちたい」と、真っ向勝負でポジションを勝ち取るつもりだ。

 瀬戸山球団本部長は「レギュラーを獲るつもりでやってもらうのはもちろんだが、伊藤も(山崎の)いいところを盗んでもらいたい」と、競争効果に期待を寄せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月30日のニュース