ドミニカ共和国 WBC優勝パレード 政府から優勝リング贈呈

[ 2013年11月30日 05:30 ]

WBC優勝パレードを行うドミニカ共和国の代表メンバー

 今年3月に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で初優勝したドミニカ共和国のメンバーが、サントドミンゴで優勝パレードを行い、数千人のファンと喜びを分かち合った。

 大リーグ公式サイトによると、MVPを受賞したカノ(ヤンキースからFA)、ラミレス(ドジャース)、ロドニー(レイズ)らが参加。ヤ軍との残留交渉で10年総額3億ドル(約306億円)を要求しているとされるカノは「国のために戦うことは最も大きなことだった。お金や契約の問題ではない。何物にも替え難い」と話した。選手らはダニロ・メディナ大統領と対面。政府からは優勝リングが贈られた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年11月30日のニュース