野茂氏 史上初!日米で殿堂入り候補者に 日本通算は78勝

[ 2013年11月30日 05:30 ]

近鉄時代の野茂氏

野球殿堂入り候補者

 ドジャースなどで活躍し、日米通算201勝を挙げた野茂英雄氏(45)もプレーヤー表彰の新候補者に選出された。

 27日に14年の米殿堂入り選手の候補者に日本人として初めて選ばれたばかり。当然、日米で殿堂入り候補者への選出は史上初となった。

 日本通算78勝にとどまるが、95年にドジャースに入団して最多奪三振と新人王を獲得。メジャー12年で123勝を挙げ、ア・ナ両リーグでノーヒットノーランを達成するなど、トルネード投法でメジャーを席巻した。

 今回の米殿堂入りはマダックス、グラビンといったスター選手がひしめき、野茂の選出は厳しいとされる。しかし、日本選手のパイオニアとして日本野球の発展に貢献した功績は、永遠に語り継がれることになる。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月30日のニュース