ヤクルト入り真田 “恩人”阿部内角突く「ガンガンいきますよ」

[ 2013年11月30日 05:30 ]

ヤクルトへの入団が決まり、角編成部次長(右)と握手する真田

 ヤクルトは29日、元巨人の真田裕貴投手(29)と正式に契約した。

 12年に巨人を自由契約となり今季、台湾プロ野球の兄弟でプレーした右腕は「日本に帰るために頑張ってきたのでホッとした」と喜びを表現した。年俸1200万円で背番号は66に決まった。新天地では中継ぎ陣の一角として期待されている。「タフさが売り。最低でも背番号(66)と同じぐらいに投げて勝利に貢献したい」。古巣の巨人戦登板に向けても「阿部さんは台湾にいるときも連絡をくれたし、日本に帰ってきても食事に連れて行ってもらったけど、勝負になればガンガン(内角に)いきますよ」と闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月30日のニュース