中田賢 ソフトB移籍表明 古巣・谷繁兼任監督からエールも

[ 2013年11月30日 05:30 ]

ソフトバンクへの移籍を表明し、心境を語る中田賢

 日本一の舞台で古巣を抑え込む。FA権を行使し、ソフトバンク移籍を決断した中田賢一投手(31)が29日、愛知県内で中日選手会ゴルフコンペに参加。4球団から熟慮の末に故郷・福岡のチームを選んだ右腕は、日本シリーズでの中日戦先発を大目標に掲げた。

 「まだイメージはできないですが、敵としてぶつかる以上、一生懸命投げたい。(日本シリーズでの対戦に)そういう形になればいいですね」

 最終決断を下したのは3日前。手を挙げてくれた阪神、ヤクルトには、28日に自ら足を運んで断りを入れた。中日の落合GM、谷繁兼任監督にも電話で意思を通達。9年間、バッテリーを組んできた指揮官には「自分で決めたことだから、迷わずにどうすれば結果が出るか考えて頑張れ」とエールを送られた。

 背番号11を含めた提示条件やプレー環境はもちろん、北九州市内で一人暮らしの母親や信頼できるドクターの存在も決断理由になった。「強い球でどんどん押していくタイプなので、気持ちで向かっていくところを見てほしい」。落合GMが監督時代に「暴れ馬」と命名した豪腕が新天地でも大暴れする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月30日のニュース