久保&越智大幅ダウン 復活目指し来季は背水

[ 2013年11月30日 05:30 ]

越智は「良心的なダウンで更改しました」と笑顔を見せる

 昨年5月に右肘を手術し今季1軍登板のなかった巨人の久保が、球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約に定められた減額制限(年俸1億円以下は25%)を超え、今季の半額となる年俸5000万円でサインした。

 秋季練習では川口投手総合コーチから守護神候補の一人に挙げられた右腕は「頑張らなかった分だけ下がった。そういう世界。キャンプから飛ばしていければ」と復活へ向け意気込んだ。また、昨年6月に国が指定する難病の黄色じん帯骨化症の手術を受けた越智は、1500万円減の年俸5000万円でサイン。背番号が22から67に変更になることも明かし「ポンコツを拾ってくれてありがたい。来年駄目だったら考えないと」と引退の覚悟も口にした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2013年11月30日のニュース