バレンティン復活の2打席連続弾!ヤクルト4連敗で止めた

[ 2013年4月16日 21:28 ]

7回ヤクルト無死一塁、バレンティンが右中間に逆転2ランを放つ

セ・リーグ ヤクルト5-2中日

(4月16日 神宮)
 2年連続本塁打王が復活だ。ヤクルトはバレンティンの2本塁打で中日を下し、連敗を4で止めた。1点を追う7回無死一塁から右越えに逆転となる1号2ランをエースの吉見から放つと、8回には2死二塁からまたも右越えに貴重な追加点となる2ランを2打席連続で運んでみせた。

 前週の巨人戦で左内転筋の故障から復帰して4試合目、徐々に調子が上がってきていたところで殊勲の2発を放った。お立ち台では「アリガトウゴザイマス」と第1声、ファンが待つ右翼席に叩き込んだことに「キモチイイ」と振り返ってスタンドを沸かせた。

 同じくお立ち台に上がった今季2勝目の先発・村中は「ありがとうございます」と感謝の言葉をかけられ、チームの4連敗を止めた。「(本拠地で)ボールがよく見える。いい形で勝てた。次も声援に応えたい」と自身とチームの巻き返しを誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月16日のニュース