阿部主将と安倍首相 “捕手”と“保守”で意気投合

[ 2013年1月24日 06:00 ]

日本プロスポーツ大賞の内閣総理大臣賞を授与された巨人の阿部(左)と、贈られたバットを構える安倍首相

 巨人・阿部慎之助捕手(33)が23日、首相官邸を訪問し、安倍晋三首相(58)から日本プロスポーツ大賞の内閣総理大臣杯を授与された。アルジェリアで発生した人質事件への対応などで多忙な安倍首相から「明るい話題も必要」と言われた侍ジャパンの阿部主将。「アベシン」まで名前が同じ首相から、3月に行われる第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で目指す3連覇へのエールを送られた。

 アルジェリアで発生した人質事件で、厳戒ムードが漂う首相官邸。阿部は授与式には不釣り合いな黒いスーツに、ネクタイ姿で現れた。「亡くなっている人もいるし、そういう中で明るい格好をして行ってもしようがない。まだ安否(の確認)が取れていない人、そういう家族もいる」。安倍首相が現れると、がっちりと握手を交わした。

 「人質問題とか、凄く忙しい中で時間を割いていただいて感謝しています」。そう切り出した阿部の言葉に、安倍首相は感心しながら「明るい話題も必要ですよね」と笑みを浮かべた。身長1メートル75、体重70キロ。1メートル80、97キロの阿部を見上げながら「同じアベでも体が大きいね。捕手ですよね?われわれも“保守”です」というジョークで場が和み、約15分ほどのトップ会談がスタートした。

 話題の中心はやはりWBCだった。「3連覇が懸かっていますね?昔に比べて日本の野球は数段、強くなったと感じます」と安倍首相。阿部は「厳しいですが、頑張ります」と意欲を伝えた。首相からは「やはりキャッチャーがいいと優勝する確率が高くなりますね」と昨年、巨人で3年ぶりの日本一を達成した働きを称えられつつ、大きな期待を寄せられた。

 グアムでの自主トレから前日に帰国したばかり。真っ黒に日焼けした顔はこけ、早くも戦闘モードの顔つきだった。26日には巨人の合同自主トレのため宮崎に入る。いよいよ本格化する世界との戦いへの準備を前にした初対面。「目力がハンパない。僕が見た中でNo・1。ドキッとするくらい。そういう人だからこそ、首相もできるんだろうなと思いながら、お話ししました」と大きな刺激を受けた。日本プロスポーツ大賞は、06年度に第1回WBCで優勝した日本代表が受賞。侍ジャパンの山本監督が現役時代、首位打者を獲得してリーグ制覇した広島も75年に受賞した。阿部にはWBC3連覇を引っさげ、連続受賞の期待がかかる。

 首相官邸公式サイトの安倍首相のプロフィルでニックネームは「晋ちゃん」。「首相が安倍さんで良かったなと。シンまで一緒なのでね。凄いものをもらったので、一プロのアスリートとして精進できたらなと思う」

 侍ジャパンの主将を務める「慎ちゃん」が日本の首相からエールをもらい世界との戦いに身を引き締めた。

 ▽アベノミクス 安倍晋三首相が構想する経済政策で、「エコノミクス」と組み合わせた造語。「機動的な財政出動」「大胆な金融政策」「成長戦略」を3本の矢に、デフレや円高からの脱却を目指す。

 【過去のプロ野球選手と首相】

 ☆王×福田首相=国民栄誉賞第1号 77年9月、756号の本塁打で世界新記録を達成した王貞治(巨人)に初めての国民栄誉賞が授与された。同賞を創設したのは福田赳夫首相で周囲からは低迷する支持率回復のために「王人気にあやかった」と揶揄(やゆ)された。

 ☆衣笠×中曽根首相=連続試合出場世界記録 87年6月、2131試合連続出場で世界記録を更新した「鉄人」こと衣笠祥雄(広島)に中曽根康弘首相が国民栄誉賞を授与。プロ野球選手では、王に続き2人目となった。

 ☆松井×森首相=同郷の先輩と 01年1月、松井秀喜(巨人)が日本プロスポーツ大賞の内閣総理大臣杯授賞式に出席し、森喜朗首相と対面。同郷で小学校の先輩でもある森首相はジョークを連発。予定を15分オーバーする30分間、2人で語り合った。

 ☆原監督×麻生首相=WBC連覇を報告 09年3月、第2回WBCで連覇した日本代表の指揮を執った原監督(巨人)が、首相官邸を表敬訪問。麻生太郎首相に優勝を報告。世界一を記念した帽子やTシャツ「日本力」と記された色紙を麻生首相にプレゼントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月24日のニュース