実はオリックスから持ちかけた大型トレード「ぜひ欲しかった」

[ 2013年1月24日 06:00 ]

 オリックスの村山良雄球団本部長は神戸市内の合宿所で3選手にトレードを通告。村山本部長は「クリーンアップを打て、走れて守れる3拍子そろった外野手がぜひ欲しかった」と説明した。

 オリックス側からトレードを持ちかけ、糸井獲得のために選手会長に就任したばかりの大引に加え、先発右腕の木佐貫まで放出した。昨年末に阪神からFA宣言した平野恵を獲得し、今年初めにはソフトバンクへFA移籍した寺原の人的補償で馬原を獲得。チームの顔ぶれは大きく変わる。

 日本ハムの糸井放出は、入札制度によるメジャー移籍の意向を伝えたことが要因とみられる。移籍後の対応について村山本部長は「今後のことは会って話すこともある」と含みを持たせつつ「おそらく本人もそんなつもりはないでしょう」と続けた。糸井が海外FA権の取得条件を満たすのは、順調にいっても17年シーズン中となる。

 ▼オリックス・森脇監督 大きな決断をした。木佐貫、大引、赤田はこのトレードをきっかけに、さらに大きな選手になってもらいたい。加入する八木、糸井には大いに躍動してほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月24日のニュース