栗山監督 大学監督に講演「物事を学ぶ方法論を教えることが大切」

[ 2013年1月24日 06:00 ]

各界の著名人の言葉を例に講演を行う日本ハム・栗山監督

 日本ハム・栗山監督が、横浜市内のホテルで開かれた全日本大学野球連盟監督会で講演を行った。

 「ことば」をテーマに、昨年の開幕投手に指名した斎藤や不動の4番に据えた中田らの秘話を交えながら約1時間半。「どんな言葉を、どういうタイミングで話すか。技術を教えるのではなく、物事を学ぶ方法論を教えることが大切。人間的な成長が技術の向上につながる」などと熱弁。全国から集まった約140人の大学野球部の指導者たちも熱心に聞き入っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月24日のニュース