オリックス 新外国人3人が会見

[ 2013年1月24日 17:33 ]

 オリックスの新外国人3選手、ロッティーノ、ディクソン、ハモンドが24日、ほっともっとフィールド神戸で入団記者会見に臨み、メジャー通算62試合に出場し、内外野こなせるロッティーノは「日本は世界のトップ。リーダーシップも出し、優勝へ全力を尽くしたい」と意気込んだ。

 先発に期待される195センチの長身右腕のディクソンは「制球力の良さが持ち味。新しい環境でどれだけできるか楽しみ」と抱負。BCリーグ・石川から加入した投手のハモンドは「独立リーグの選手にチャンスを与えてもらって意気に感じている」と述べた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月24日のニュース