吉見リーグ単独トップ16勝目「終始きつかった」

[ 2011年9月30日 06:00 ]

<広・中>吉見はセリーグ単独トップの16勝目を上げ笑顔で谷繁(右)と握手する

セ・リーグ 中日4-3広島

(9月29日 マツダ)
 中日の吉見が6回まで毎回安打を浴びながらも、8回3失点でリーグ単独トップの16勝目を挙げた。

 ただ試合後は「終始きつかったし、防げた失点も多かった。野手のおかげです」と笑顔はなかった。自身8連勝で、リーグ最多勝に輝いた09年の勝ち星に並んだ。それでも「(数字は)よく分からない。そこで仕事をしているわけではないので」と、球団初のリーグ連覇だけを見据えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月30日のニュース