横浜 8年連続のシーズン負け越し決まる

[ 2009年9月2日 06:00 ]

 【横浜3―5巨人】横浜は30試合を残して8年連続のシーズン負け越しが決まった。4回の守備を終えてベンチに戻る際、吉村が橘高一塁塁審に暴言を吐いたとして退場。直前の打席でハーフスイングを2度ストライクとされて三振を喫した吉村は「審判に向かって言ってないのに勘違いされた。言うんだったら、もっと面と向かって言う」と弁明した。寺原は右ひじの違和感で4回で降板。7回からは股関節の故障を持つジョンソンも交代。村田、内川が不在の上に離脱者が相次ぎ田代監督代行は「悔しさをゲームに出してほしい。このまま終わったら悔しいよ」と奮起を促していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2009年9月2日のニュース