×

31歳SH茂野が救世主 日本代表3人コロナで非常事態、追加招集から2日フランス戦先発

[ 2022年7月1日 05:20 ]

ラグビー リポビタンDチャレンジカップ2022   日本-フランス ( 2022年7月2日    豊田ス )

茂野海人
Photo By スポニチ

 ラグビー世界ランキング10位の日本代表は2日、同2位の強豪フランス代表戦に臨む。30日には登録メンバー23人を発表し、追加招集されたSH茂野海人(31=トヨタ)が先発。SH斎藤直人(24=東京SG)ら3人が新型コロナウイルス抗原検査の陽性反応で不在となる中、日本のピンチを救って来年のW杯フランス大会代表入りへアピールする。

 桜の救世主となれるかどうかの試金石は、過去日本が一度も勝利したことがない世界2位の強豪だ。茂野は新型コロナの影響で欠場する斎藤に代わり、フランス戦に先発する。代表には6月26日に合流したばかりで、急ピッチの調整となった。

 今夏の代表SHは共同主将の流がコンディション不良で離脱。司令塔のSO山沢は通算4キャップで経験が浅く、31歳の茂野にはハーフ団のリーダーとしてより試合をコントロールする役割が求められることになる。

 通算14キャップの実績を持つが、今夏は2軍に当たるナショナル・デベロップメント・スコッドからスタートしていた。代表本隊の宮崎ではなく、若手と大分で汗を流す日々。自らの立場を受け入れ「ここにいるっていうことは、そういうこと。しっかり地に足着けて一回一回の練習や試合でパフォーマンスを出せるように」とアピール機会を狙っていた。

 日本開催だった19年W杯は代表入りも、出番なし。当時の代表SHでは流と田中に次ぐ「3番目」の立ち位置で悔しさを胸に刻んだ。今夏も代表選出されていたのは流と斎藤の2人だった。

 そんな中、急きょ訪れたチャンス。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは「競争で(ポジションを)勝ち取ることが重要だ。パフォーマンスを見るのが楽しみ」と期待を込めた。来年に迫るW杯フランス大会の代表入りへ「どの試合でも自分のパフォーマンスをしっかり意識してやっていきたい」と語った茂野。離脱者続出のピンチを救えば、序列は一気に変わることになる。

 ◇茂野 海人(しげの・かいと)1990年(平2)11月21日生まれ、大阪府出身の31歳。江の川(現石見智翠館)―大東大。13年にNEC(現東葛)入りし、17年からトヨタ自動車(現トヨタ)に加入。NEC時代の15年にはニュージーランドへ留学し、オークランド代表としてプレー。兄・洸気は大阪のWTB。16年6月のカナダ戦で日本代表デビューし、通算14キャップ。1メートル70、75キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年7月1日のニュース