×

杉山 首位で全米OP初切符「憧れの舞台。うれしい。目標は最低予選通過」

[ 2022年5月24日 05:30 ]

最終予選を勝ち抜いて全米オープン出場権を獲得した出水田大二郎(左)、杉山知靖(中央)、トッド・シノット(右)
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの全米オープン日本地区最終予選(1日36ホール)が23日、千葉・カレドニアンGC(7139ヤード、パー72)で行われ、杉山知靖(29=中央日本土地建物グループ)、出水田大二郎(29=TOSS)、トッド・シノット(30=オーストラリア)の上位3人が本戦(6月16~19日、米マサチューセッツ州ザ・カントリークラブ)への出場権を獲得した。3人はいずれも海外メジャー初出場。

 昨年10月のブリヂストン・オープンでツアー初優勝した杉山が通算9アンダーの首位で初の海外メジャー切符を獲得した。第2ラウンド後半のインで上がりの4連続を含む6バーディー、ボギーなしの30を叩き出す猛チャージを見せた。合宿でグアムを訪れたことはあるが、米国本土は初。「ジュニアのころからテレビで見ていた憧れの舞台なんで。素直にうれしい。目標は最低予選通過。高い目標ですけど」と謙虚に抱負を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月24日のニュース