×

隆の勝 自己最長7連勝、自身2番目のスピード勝ち越し「集中できている」

[ 2022年5月18日 05:30 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2022年5月17日    両国国技館 )

<夏場所10日目>遠藤(右)を押し出しで破る隆の勝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 隆の勝が遠藤を押し出し、一昨年春場所の9日目に次ぐ自身2番目のスピード勝ち越し。4日目からの連勝も自己最長の7に伸ばし、優勝争いの先頭は一山本と2人となったが「不思議と意識してなくて、いつも通り。自分のことだけに集中できている」と振り返った。

 その自然体が、立ち合いから押し込まれても、引かずに我慢できた要因と振り返り「前までならはたいて負ける相撲だった」と成長を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月18日のニュース