×

ウクライナ出身・獅司 4場所ぶり負け越し、ロシア出身・狼雅に苦杯

[ 2022年5月18日 05:30 ]

大相撲夏場所10日目 ( 2022年5月17日    両国国技館 )

<夏場所10日目>獅司(左)を攻める狼雅(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 幕下でウクライナ出身の獅司(25=入間川部屋)が、ロシア出身の狼雅(23=二子山部屋)と対戦した。もろ差しを許した獅司は左上手投げを打ってこらえたが、右下手投げで敗れた。

 自己最高位の東幕下7枚目で1勝4敗となり、途中休場した昨年秋場所以来4場所ぶりの負け越し。取組後の報道陣の取材には応じなかったが、館内からは両者に温かい拍手が送られた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月18日のニュース