鍵山 GPシリーズ連勝から一夜 ファイナル、五輪へ大技精度向上誓う

[ 2021年11月23日 05:30 ]

フランス杯のエキシビション前に取材に応じる鍵山
Photo By 共同

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、フランス杯で男子覇者の鍵山優真(18=オリエンタルバイオ・星槎)が一夜明けた21日、グルノーブルで取材に応じ、GP2連勝で初進出したシリーズ上位6人によるファイナル(12月・大阪)や北京冬季五輪に向け「戦う上で(4回転ジャンプの)3種類目が必須になる。早くループを入れて安定させたい」と今大会で回避した大技の精度向上を誓った。

 エキシビションで鍵山は、「Vocussion」を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月23日のニュース