パリ五輪から混合種目のセーリング470級 岡田・吉岡組が優勝「最低限クリア」

[ 2021年11月23日 17:57 ]

セーリング全日本470級選手権最終日 ( 2021年11月23日    神奈川・江の島ヨットハーバー沖 )

全日本選手権で優勝した岡田(左)・吉岡組
Photo By スポニチ

 予選上位10艇によるメダルレースが行われ、24年パリ五輪から男女混合種目となる同級でともに東京五輪代表の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)吉岡美帆(ベネッセ)組が優勝した。

 日本トップの男子スキッパーと女子クルーの新ペアがパリへ好発進した。予選11レースで3着以内が9回、そのうちトップが5回と抜群の安定感を発揮。メダルレースも手堅い試合運びで2着に入り、五輪後初レースを制した。ペア結成から最初の大会だったが、岡田は「お互いのスキルを読みながら蓄えてきた物を出していくことがメイン。個人のスキルはお互い出せていたと思う。優勝は最低限のところをクリアできた」と及第点を与え、吉岡も「軽風から強風までいろいろなコンディションの中で、2人のコンビネーションにズレがあることがあった。今後の課題を新たに見つけられた」と振り返った。

 男女分かれて実施された東京五輪は岡田が外薗潤平(才全会)と、吉岡が4大会連続五輪出場の吉田愛(ベネッセ)と組んで挑み、メダルを期待されながらともに7位。混合種目となる24年大会に向け、10月中旬からチーム同士の話し合いを経て新たなスタートを切った。同じ船に乗り始めて日は浅いが、岡田は新たな相棒に「上を目指してコミュニケーションが取れる」と信頼を寄せ、吉岡も「東京五輪まで一緒に練習させてもらったけど、一緒に乗ってみると細かくて繊細な部分があるなと思いました」と笑った。

 まだ各国が混合種目に舵を切り始めたばかりで、岡田・吉岡組の強化もこれから本格化する。岡田は「男子ペアの時よりはスピード感の違いから合わなくなることがある」とした上で「それをどうやって修正して擦り合わせてペアの力を強くするか。個々の能力というよりペアでどれだけ息を合わせられるかがポイントになってくる」と強調。吉岡も「男子に追いつけるようにこれからトレーニングしていかないといけない」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月23日のニュース