×

東洋大 13年連続確保のシード権逃す 1年石田は区間賞も「こういう走りでは足りない」

[ 2021年11月8日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮の8区間106.8キロ )

4区で力走する東洋大の石田洸介(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 8位中大まで52秒差の10位に終割った東洋大は、13年連続で確保していたシード権を逃した。低迷した中で4区のルーキー石田洸介が区間賞の快走を見せたが「区間賞は獲れたが(チーム)順位は1つしか上げられなかった」と自己評価は厳しかった。

 出雲、全日本と連続区間賞を獲得した1年生は箱根駅伝でも活躍が期待される。「東洋のエースになるためにはこういう走りでは足りない」と切り替えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月8日のニュース