3位順大 東京五輪3千障害7位の三浦「満足」の区間賞 箱根に「再チャレンジ」

[ 2021年11月8日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2021年11月7日    愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮の8区間106.8キロ )

2区で区間賞を獲得した順天堂大の三浦龍司(左から2人目)(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 東京五輪3000メートル障害で7位に入った順大の三浦龍司(2年)が2区で区間賞を獲得し、駅伝でも存在感を示した。1区で区間新をマークした前回大会に続く快走に「内容は満足。自分の役割を果たせた」と笑みを浮かべた。

 10位でたすきを受けると、早々に先頭集団に追いついて残り1キロでスパート。後続に10秒差をつけて首位でつなぎ「同じリズムで(ラスト)1キロを押し切れたのは走力がついた証」と手応えを得た。

 10月の出雲駅伝は回避し、今大会が駅伝今季初戦。五輪の活躍で注目を浴びる中でも「意識は変わらない」と平常心で臨んだ。チームは3位に入り、箱根路に向けて仕上がりは上々。昨年は1区で区間10位に沈んだだけに「再チャレンジしたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月8日のニュース