吉永 0秒001差で男子1000の表彰台逃す 五輪テスト大会兼W杯Sトラック

[ 2021年10月25日 05:30 ]

五輪テスト大会男子1000メートル決勝 滑走する吉永(下から2人目)
Photo By 共同

 スピードスケート・ショートトラックの北京冬季五輪テスト大会を兼ねたW杯第1戦最終日は24日、北京の首都体育館で行われ、男子1000メートル決勝で吉永一貴(トヨタ・中京大)が4位に入った。3位のカナダ選手と0秒001差で表彰台を逃した。

 混合2000メートルリレーで日本は菊池耕太(恵仁会)渡辺啓太(阪南大職)菊池純礼(富士急)菊池悠希(ANA)で臨んだ準決勝で2組4着となって決勝に進めず、吉永と菊池耕が入れ替わった5~8位決定戦で1着となって5位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月25日のニュース