宮原知子は7位「ようやく一歩踏み出せるようになってきた」 スケートアメリカ

[ 2021年10月25日 06:57 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦・スケートアメリカ最終日 ( 2021年10月24日    米ネバダ州ラスベガス )

宮原知子(AP)
Photo By AP

 女子フリーで宮原知子(木下グループ)は134・15点をマークし、ショートとの合計は200・51点で7位となった。

 冒頭のルッツ―トーループの連続3回転から全てのジャンプで着氷。「トスカ」に乗って滑らかなスケーティングも披露し、演技後にはスタンディングオベーションで称えられた

 「今できることの最低ラインはできた。小さなミスはあったけど、全体としては良かったと思います」

 最近は練習ではできていても試合でミスなどが生じることが多く「自分の緊張とうまく向き合えていなくて」と課題を抱えていた。克服する難しさを感じていたが、このスケートアメリカで光が差し「少しずつ。今になって、ようやく少しずつ一歩踏み出せるようになってきた」という。

 次戦はイタリア・トリノで開催されるGPシリーズ第3戦(11月5~7日)に臨む。  

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月25日のニュース