×

萌寧 腰痛悪化で最終ラウンド棄権に涙「朝起きて動けなかったです」

[ 2021年10月25日 05:30 ]

女子ゴルフツアー NOBUTA GROUP マスターズGCレディース最終日 ( 2021年10月24日    兵庫県 マスターズGC=6571ヤード、パー72 )

稲見萌寧
Photo By スポニチ

 賞金ランク1位の稲見萌寧(22=都築電気)は腰痛が悪化し、最終ラウンドのスタート前に無念の棄権となった。第3ラウンドを終えた時点で5打差の10位。逆転も狙える位置だったが、「なんて言えばいいんだろう…。朝起きて動けなかったです」と涙を流した。

 前週から腰に痛みを感じており、痛み止めを服用しながらプレーを続けていた。「最初の2日間はまだ痛み止めが効いていたけど、昨日から痛み止めも効かなくなって。だんだん悪化して…」と言葉を絞り出した。

 賞金女王争いも最終盤。前週2位と約3987万円あった差は、約2209万円に縮まった。今季も残り5試合。今後については「病院に行って間に合えば来週出ますけど、間に合わなかったらお休みします」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月25日のニュース