笹生、逆転Vならず4位 寒さと強風で苦戦「タフなコンディションだった。本当に勉強になった」

[ 2021年10月12日 05:30 ]

米女子ゴルフツアーファウンダーズ・カップ最終日 ( 2021年10月10日    ニュージャージー州・マウンテンリッジCC=6612ヤード、パー71 )

最終ラウンド、通算10アンダーで4位の笹生(共同)
Photo By 共同

 2位から出た笹生優花(20=ICTSI)は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で通算10アンダー、274の4位だった。畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は17位から75と崩れ通算1アンダーの51位。首位から66と伸ばした高真栄(コジニョン)(26=韓国)が通算18アンダーで今季3勝目、通算10勝目を挙げた。

 笹生は4打差の2位から逆転優勝を狙ったが、6月の全米女子オープン以来のツアー2勝目に届かず「3日目より寒く、風もあってタフなコンディションだった。本当に勉強になった」と話した。

 序盤でつまずいた。3番でバンカーショットがピンを大きくオーバーしてダブルボギー。8番で取り返したが、9番で短いパーパットを外した。風雨が強くなった後半は「風がどこから来るか分かってきたのでショットが良くなった」と3バーディーで盛り返したが、高真栄に差を広げられ逃げ切られた。

 3週連続で大会に出場し、4位、19位、4位と好成績を残した。「続けて試合だったので、まず休んで次の試合に向けた準備をしたい」と切り替えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月12日のニュース