ラグビー日本代表、田村ら37人選出 23日豪州戦などテストマッチ4試合、有望株・福井翔大も“昇格”

[ 2021年10月12日 05:30 ]

田村優(AP)
Photo By AP

 日本ラグビー協会は11日、今月23日のオーストラリア戦(昭和電ド)などテストマッチ4試合を戦う日本代表メンバーを発表し、フランカーのピーター・ラブスカフニ主将(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)、SO田村優(横浜キヤノンイーグルス)ら37人が選ばれた。日本代表は先月末から宮崎合宿を行い、追加招集選手を含め計50人が参加。実戦に向けて絞り込みが図られていた。

 若手有望株のナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)として参加していた東福岡高出身で入団4年目のNo・8福井翔大(埼玉パナソニックワイルドナイツ)、WTB中野将伍(東京サントリーサンゴリアス)ら4人も正規メンバーに昇格。初キャップ獲得へ前進した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月12日のニュース