バスケ女子日本代表 接戦を制してオーストラリアに勝利!アジア杯5連覇へ決勝進出

[ 2021年10月2日 22:41 ]

女子バスケットボール アジア杯準決勝   日本67―65オーストラリア ( 2021年10月2日    ヨルダン・アンマン )

準決勝のオーストラリア戦で競り合う馬瓜(国際バスケットボール連盟提供・共同)
Photo By 共同

 アジア杯5連覇を狙うバスケットボール女子日本代表は、準決勝でオーストラリアと対戦。前半は5点リードを許しながらも67―65と接戦を制して決勝へ進出した。

 1次リーグ3試合と同様に馬瓜ステファニー(22=トヨタ自動車)、林咲希(26=ENEOS)、宮崎早織(26=ENEOS)、赤穂ひまわり(23=デンソー)、オコエ桃仁花(22=富士通)の5人がスタメンとして名を連ねた。

 第1クォーターからベンチメンバーも含めて全選手が出場した中で途中出場の山本麻衣(21=トヨタ自動車)が3点シュートを決めるなどチームトップの5得点を奪う活躍を見せて、チームは20-12と8点リードした。しかし第2クォーターはシュート確率が落ちてきた日本は、残り4分40秒で26―26と同点に追いつかれると残り3分59秒で相手に2点シュートを決められて勝ち越しを許す。前半は31―36と5点ビハインドで折り返した。

 5点リードを許して迎えた第3クォーターは馬瓜、赤穂の2点シュートで一気に1点差に迫ると残り7分37秒で林の3ポイントシュートで逆転に成功。しかしオーストラリアに再び勝ち越しを許すと残り1分26秒で4点差に広げられる。その後2点差に迫って第3クォーターは53―55とリードを許して終えた。第4クォーターは得点を奪えない展開が続いた中で残り7分59秒で林の3点シュートがこのクォーター最初の得点となった。残り3分51秒で馬瓜がフリースローを2本決めて63―62と日本がリードを奪った。残り3分15秒で宮崎の2点シュートでリードを3点に広げる。その後オーストラリアに同点に追いつかれたが、残り1分56秒で赤穂の2点シュートで67―65と勝ち越してリードを守りきって勝利した。この試合は林が17得点でチーム最多得点。続いて赤穂、山本が12得点で続いた。

 大会5連覇を狙う日本は3日に決勝で中国と対戦する。

 今大会は、東京五輪の銀メダルに貢献した高田真希(32=デンソー)や町田瑠唯(28=富士通)、宮澤夕貴(28=富士通)など2016年のリオ五輪からの主力選手が休養となったが、引き続き選出された林、赤穂、宮崎、オコエ、東藤なな子(20=トヨタ紡織)の5人と3人制バスケットボール日本代表で東京五輪を戦った馬瓜、山本、西岡里紗(24=三菱電機)など東京五輪で活躍した選手たちが選出されている。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月2日のニュース