×

レスリング女子・須崎 憧れ沙保里も務めた旗手に「大変光栄」、入場行進は「明るく堂々と」

[ 2021年7月7日 05:30 ]

東京五輪 日本選手団結団式、壮行会

JOC山下会長(左)から団旗を受け取る須崎
Photo By 代表撮影

 旗手を務める女子レスリング50キロ級代表の須崎は結団式でJOC山下会長から団旗を授与され、日の丸の重みに表情を引き締めた。

 12年ロンドン五輪では女子レスリング界レジェンドの吉田沙保里が務めた大役に「憧れの吉田選手が務めた旗手をできるのは大変光栄でありがたいこと」と自覚を強めた。

 開会式での入場行進を「胸を張って明るく堂々と歩いて、日本が良いスタートを切れるように頑張りたい」と思い描いていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年7月7日のニュース