ブレイディ 4大大会初の決勝進出、大坂戦は「気持ちコントロールして楽しむ」

[ 2021年2月19日 05:30 ]

テニス 全豪オープン第11日 ( 2021年2月18日    オーストラリア・メルボルン・パーク )

激闘を制し、4大大会初の決勝進出を決めたブレイディ(AP)
Photo By AP

 昨年は女子シングルス初戦敗退のブレイディがサーブとフォアの強打で攻め続け、技巧派のムホバに競り勝った。4大大会初の決勝進出を果たし「何とか勝つことができた」と喜んだ。合計のポイントは80で相手の83を下回ったが、要所のゲームを取り切る勝負強さを示した。

 大坂が2度目の優勝を飾った昨年の全米オープンでは準決勝でフルセットの末に屈した。雪辱を期す25歳の挑戦者は「気持ちをコントロールして楽しみたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月19日のニュース