小林陵侑、連続Vならず9位「集中したけどうまくいかなかった」

[ 2021年2月16日 05:30 ]

小林陵侑
Photo By スポニチ

 ノルディックスキーW杯ジャンプ男子個人第21戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が14日、ポーランド・ザコパネで行われ、13日の第20戦で今季初勝利を挙げた小林陵侑(土屋ホーム)は129・5メートル、131メートルの284・8点で9位にとどまった。

 小林陵は上位争いに絡めなかった。「自分のパフォーマンスに集中していたけど、なかなかうまくいかなかった」と残念がった。強い追い風が吹き続けた中、1回目は8位。2回目は1・5メートル飛距離を伸ばしたものの、上位に割って入るには十分でなかった。下半身をうまく使うことで力強い踏み切りを取り戻した13日の飛躍を再現できず「同じイメージでやっていても(実際の動きは)違ってしまう感じ」ともどかしそうだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月16日のニュース