×

東地区首位の76ersが4連勝 エンビード34得点 クリッパーズは4勝2敗でロード終了

[ 2021年2月4日 14:49 ]

34得点をマークした76ersのエンビード(AP)
Photo By AP

 NBAは3日に各地で10試合を行い、東地区全体で首位に立っている76ersは敵地シャーロット(ノースカロライナ州)でホーネッツを118―111(前半64―43)で退けて16勝6敗。センターのジョエル・エンビード(26)が34得点と11リバウンドをマークしてチームの4連勝に貢献した。

 ホーネッツは10勝12敗。ドラフト全体3番目に指名されたガードのラメロ・ボール(19)が2度目の先発で22得点、7リバウンド、3アシスト、2スティールを稼いだもののこのカードでは通算14連敗を喫し、チームの連勝は3で止まった。

 西地区全体2位のクリッパーズは敵地クリーブランド(オハイオ州)でキャバリアーズを121―99(前半52―49)で下して17勝6敗。ポール・ジョージ(30)が3点シュートを9本中8本決めて36得点をマークし、首位ジャズ(16勝5敗)とのゲーム差はなくなった。

 サンダーに敗れたロケッツの連勝は6でストップ。バックスのヤニス・アデトクンボ(26)はペイサーズ戦で第3Qまでの出場で今季3度目のトリプルダブル(21得点、14リバウンド、10アシスト)を達成し、20点差で快勝したチームは東地区全体で3位からネッツ(14勝9敗)を抜いて2位に順位を上げた。

 <3日の結果>
76ers(16勝6敗)118―111*ホーネッツ(10勝12敗)
*バックス(13勝8敗)130―110ペイサーズ(12勝10敗)
マーベリクス(9勝13敗)122―116*ホークス(10勝11敗)
クリッパーズ(17勝6敗)121―99*キャバリアーズ(10勝12敗)
ウィザーズ(5勝13敗)103―100*ヒート(7勝14敗)
ニックス(10勝13敗)107―103*ブルズ(8勝12敗)
*サンダー(9勝11敗)104―87ロケッツ(10勝10敗)
*スパーズ(12勝10敗)111―108ティンバーウルブス(5勝16敗)
*ペリカンズ(8勝12敗)123―101サンズ(11勝9敗)
*キングス(10勝11敗)116―111セルティクス(11勝9敗)
 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月4日のニュース