五輪代表・前田穂南は14キロから遅れ2位 自己記録更新も「思うように流れに乗って行けなかった」

[ 2021年1月31日 15:42 ]

大阪国際女子マラソン ( 2021年1月31日    大阪市・長居公園内スタート、ヤンマースタジアム長居 42・195キロ )

<大阪国際女子マラソン>2位でゴールする前田穂南(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 大阪国際女子マラソンが31日、大阪市・長居公園内スタートし、ヤンマースタジアム長居でフィニッシュする周回コース(42・195キロ、1周2・8キロを約15周)で行われ、東京五輪女子マラソン代表の一山麻緒(23=ワコール)が2時間21分11秒の大会新記録で初優勝した。野口みずきが保持していた2時間19分12秒の日本記録更新はならなかった。同じ五輪代表の前田穂南(24=天満屋)は自己記録を更新する2時間23分30秒で2位に入った。

 前田はスタートから一山と先頭グループを形成し、5キロを16分32秒、10キロを33分00秒で通過。しかし、14キロ付近から徐々に遅れ始め、粘ったものの再び先頭に追い着くことはできなかった。

 レース後、前田は「まずは自己ベストをぎりぎり出せたのは良かったと思うんですけど、前半思うように流れに乗っていけなくて途中から苦しくなって最後、思うようにペースを上げられなかったという悔しさが残っています」と唇をかんだ。そして「ここまでスピード中心にやってきたので、五輪に向けてまたしっかり土台づくりして走り込んでいきたい。思ったようにスピードに乗って押していけなかったので、きょうのレースが生かせるように頑張りたいと思います」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月31日のニュース