×

川内優輝が好ペース演出、24キロ過ぎに妻・侑子を周回遅れに

[ 2021年1月31日 13:51 ]

大阪国際女子マラソン ( 2021年1月31日    大阪市・長居公園周回~ヤンマースタジアム長居 42・195キロ )

<大阪国際女子マラソン>6周目で 前田穂南を引き離して単独で先頭に立つ一山麻緒(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)がペースメーカーを務め、東京五輪代表の一山麻緒(ワコール)、前田穂南(天満屋)を先導した。

 野口みずきの日本記録(2時間19分12秒)を見据え1キロ3分18秒で刻む想定。10キロ通過が33分0秒とピッタリのペースだったが、前田は14キロでついていけなくなり、一山も中間点を過ぎてややペースを落とした。

 今大会には川内の妻・侑子(あいおいニッセイ同和損保)も出場。川内は24キロすぎに妻を周回遅れにした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月31日のニュース