開催中の全日本卓球は継続、Tリーグは無観客も視野 緊急事態宣言拡大を受け

[ 2021年1月13日 15:22 ]

日本卓球協会の星野一朗専務理事
Photo By スポニチ

 日本卓球協会の星野一朗専務理事は13日、この日の午後に大阪府に緊急事態宣言が発出されることを受けて報道陣の取材に応じ、大阪市で開催中の全日本選手権を継続することを明言した。無観客のため、現行の運営方法でも影響がないため。「開催を決めた時点で、既に大阪に緊急事態宣言が出ることを想定していた」として、今後も換気などの感染対策を徹底して運営する。

 体育館の使用時間が変更される可能性があり「宣言が出されていないので、そこはまだ体育館と詰めていない」と言うものの、基本的に競技時間なども変更せず行う方針。

 有観客で実施する20日再開のTリーグは、緊急事態宣言対象地域でも開催される。午後8時までに終了するように試合時間を早めるほかに、「喫緊の試合は無観客を想定している」と、柔軟に対応する方針を示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2021年1月13日のニュース