ラグビーTL、大物外国人選手が今季続々加入もデビュー先送り

[ 2021年1月13日 05:30 ]

ボーデン・バレット
Photo By スポニチ

 今季のトップリーグ(TL)には大物外国人選手が続々と加入したが、今回感染者が出たサントリーではニュージーランド代表SO/FBボーデン・バレットのTLデビューが先送りになった。

 東芝の対戦相手のNTTコムには元スコットランド代表SHグレイグ・レイドローがおり、試合開催の可否が気にかかるところだ。また、今回の4チームには、19年W杯日本代表のSH流大、CTB中村亮土(以上サントリー)、SO田村優(キヤノン)、リーチ・マイケル(東芝)らがいる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2021年1月13日のニュース