松島輝空がジュニア準々決勝進出「このままでは勝てない」から逆転

[ 2021年1月13日 11:02 ]

卓球・全日本選手権第3日 ( 2021年1月13日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

<全日本卓球選手権 ジュニア男子5回戦>ポイントを奪ってガッツポーズの松島輝空(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子ジュニアの5回戦があり、この部門の昨年準優勝、中学1年・松島輝空(そら、13=エリートアカデミー)が3―1で勝利し、翌14日の準々決勝へ進んだ。「勝ったことがない」というカット型の原田春輝(希望が丘高)に1ゲーム落としてから逆転勝ち。中盤から強打のミスが減り、相手を下げさせて主導権を握った。

 「(1ゲーム目を落として)このままでは勝てないと思った。打ちミスが多かった。焦らずにゆっくり行こうと思った」

 ジュニアの戦いが佳境に入っただけでなく、一般シングルスの戦いも14日から始まる。こちらは2回戦からの登場になる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2021年1月13日のニュース